坂本農楽・みかん組のページ


 「さかもとに学校ができるんやって」、ふ〜ん。
    「ほんで、みかん作り習うんやって」、へ〜。



 
勝浦町は「阿波みかんの里」として栄え、かつては「黄金色に輝く山々」と言われていました。
 なかでも「ふれあいの里さかもと」がある坂本地区は、徳島県内での温州みかん栽培の発祥の地として知られ、その起源は江戸時代にさかのぼります。

 しかしながら、昨今の厳しい農業情勢により、担い手不足等から耕作放棄となった農園が見受けられるようになりました。
 一方、社会の第一線を退いたもののまだまだチャレンジ精神旺盛な人たちや健康志向と相まって農村に目を向け、新たに農業を志す人たちも増えています。

 そのようななか、「坂本グリーンツーリズム運営委員会」では、勝浦町の支援を受けて、「ふれあいの里さかもと」を拠点として、みかん栽培を中心とした農業講座「坂本農楽・みかん組」を設け、農業者としての知識を深め、担い手の育成を図るための事業に取り組んでいます。

 講座では、みかん栽培に精通した講師 西野仁美さん(元町営農指導員、上勝町在住)の指導により、施肥、病害虫対策、摘果、マルチ栽培、剪定、収穫、貯蔵など、毎年6月から翌年3月にかけて、月1回(第4水曜日)程度、農園での実習などを行っています。

 農業もみかん作りも初めての人や、現在、農業をしている人も共に学び、楽しく仲間づくりをしてみませんか。

◎募集要領
  ○募集範囲 勝浦町内外・男女・年齢を問わず、みかん作りに熱意のある人
  ○募集人員 20名程度
  ○募集期間 毎年4月〜5月末日
  ○実習日  6月〜翌年3月の第4水曜日(変更の場合もあります)
  ○年会費  10,000円(資料、保険代込み、昼食別)

  ○お問い合せ先 ふれあいの里さかもと

        電話:0885−44−2110
        IP電話:050−3438−9493