南アルプス 北岳・間ノ岳’09.8.12〜15 曇小雨、曇、晴

二日目 広河原-大樺沢-八本歯ノコル-トラバース道-北岳山荘(泊)
三日目 山荘-間ノ岳(往復)-山荘-北岳-肩ノ小屋-草すべり-白根御池小屋(泊)
四日目 小屋-二俣分岐-広河原=北沢峠=仙流荘

 初日は移動日で芦安温泉宿泊後に白根三山縦走予定でスタートしましたが、メンバー二人の足が不調で間ノ岳と北岳の百名山二座だけに変更することとなってしまいました。
 聞けば2000m越えは二度目で南アは初めてとの参加者はさすがに堪えたようで気の毒なくらいでしたが、もう少し体力にかなった山を選んでほしいのが本音でもありました。

 強風と小雨でガスってしまい視界もまったく利かず大変な山行となってしまいましたが、時間をかけてどうにか無事に全員が下山できました。ホッ・・

 そんな中でしたが、北岳はさすがに白馬に続く花の山であることも確認できました。お目当てはミヤマハナシノブ、シロバナタカネビランジ、タカネマンテマでしたが、いずれも花期はやや終盤にもかかわらずなんとか出会うことができ、北岳に咲く花に酔いしれることが叶えられました。

ミヤマハナシノブ(ハナシノブ科)ほとんど終盤
岩場に咲くシロバナタカネビランジ(ナデシコ科)これも終盤
ピンボケだがタカネマンテマ(ナデシコ科)花は終盤だった・・

 

ミネウスユキソウ(キク科) ミヤママンネングサ(ベンケイソウ科)
キンロバイ(バラ科)の大群生がうれしい、北アでは見たことがないが・・
タカネシュロソウ(ユリ科) 14日早朝に北岳山荘の部屋から見る。
間ノ岳への稜線にタカネツメクサ(ナデシコ科) 間ノ岳3189mで標高第四位だ。3等三角点
タカネヒゴタイ(キク科) 間ノ岳からの帰りに見る北岳はガスの中
ハハコヨモギ(キク科) イワベンケイ(ベンケイソウ科)
シコタンソウ(ユキノシタ科) ミヤマコゴメグサ(ゴマノハグサ科)
ミヤマミミナグサ(ナデシコ科) タカネシオガマ(ゴマノハグサ科)
北岳3193m標高は第二位 3等三角点 ミヤマアワガエリ(イネ科)
ミヤマアシボソスゲ(カヤツリグサ科) ミヤマヌカボ(イネ科)
肩ノ小屋の賑わい 標高3000m 草すべりではマルバダケブキ(キク科)の大群生
マルバダケブキのアップです。 タカネナデシコ(ナデシコ科)
白花のタカネナデシコにも出会えました。 同じナデシコ科でもこちらはセンジュガンピです。

 他に見られた花々
ミヤマオダマキ・ヨツバシオガマ・エゾシオガマ・セリバシオガマ・キタダケキンポウゲ・タカネヨモギ・タカネヤハズハハコ・ハクサンイチゲ・ハクサンフウロ・タカネグンナイフウロ・タカネコウリンカ・シナノキンバイ・イブキジャコウソウ・イブキトラノオ・ムカゴトラノオ・ミヤマクワガタ・シコタンハコベ・イワオウギ・タイツリオウギ・クロクモソウ・オンタデ・ミヤマアカバナ・チシマギキョウ・シナノナデシコ・ミヤマアキノキリンソウ・ミヤマウイキョウ・タカネイブキボウフ・ミヤマゼンコ・ミソガワソウ・ウメバチソウ・ツマトリソウ・トウヤクリンドウ・クサボタン・クガイソウ・オドリコソウ・ミヤマガラシ・イワオトギリ・ハゴロモグサ・キンレイカ・クルマユリ・ミヤマホツツジ

 ホームヘ