北ア立山、弥陀ヶ原’09.10.3 小雨のち曇

室堂-みどりケ池-みくりケ池-地獄谷-天狗平山荘-ガキ田-一ノ谷難所-獅子ケ鼻岩-弥陀ヶ原ホテル

 今年も紅葉の弥陀ヶ原トレッキングを楽しみました。ただ、秋雨前線通過が残って小雨から曇のお天気で景観には泣きましたが、その分を植物観察にしっかり集中できました。

みどりケ池から右より雄山、大汝山、富士ノ折立 地獄谷の向こうに奥大日岳
地獄谷分岐の標識 シラタマノキ(ツツジ科)ばかりが目立ちました。
紅葉はミネカエデ、ダケカンバが主役でした。 天狗平の山荘玄関、横には公衆トイレあり
ガンコウラン(同科)葉は5~6mm、葉の基部に赤色の葉枕(枝の隆起)あり雌雄異株、実は美味くない
一方右の岩上を這う極似のジムカデ(ツツジ科)は葉が2~3mmと短く、葉枕なし、両方とも地這性の木
クロマメノキ(ツツジ科)枝は丸く、実は下向きにつく クロウスゴ実は上向きに、葉も左と同じく鋸葉ないが枝稜角あり
アカモノ(別名イワハゼ)ツツジ科、コケモモとは葉が相違  オヤマリンドウ(リンドウ科)ほとんど終盤
ガキ田の様子 ミヤマホタルイ、ヒメホタルイ(カヤツリグサ科)等が見られる。
見上げると獅子ケ鼻岩がおもしろい けっこうクサリ場の難所が続いて通過に半時間も
獅子ケ鼻岩から見降ろす紅葉 獅子ケ鼻岩一帯の紅葉、もっとも見る余裕はないが
最後のクサリ場、何でもないように見えるが?・・ 難所通過後の急登後の最初の木道ベンチ地点から
同じく急登後の最初の木道ベンチ地点から ほとんど最後の弥陀ヶ原の様子
最後のベンチで大日岳にガスの取れるのを待つ 帰路の車中より鍬崎山が見え、薬師はダメだった。

 ホームヘ