比良権現山から小女郎ケ池’09.12.2 晴

 久しぶりに急登コースの栗原から比良を歩いてみました。権現山へはどうしても平からアラキ峠に取りつくのが多いのですが10年ぶりではなかったでしょうか・・
 来春は思い出した霊山を経由してイワウチワの満開時を目指そうと心に決めました。聞けばカタクリも咲くようですし・・?

登山口水場の上にはムラサキシキブの実がきれい 同じくシロダモの実も鮮やか、花時だが見つからず
稜線が近づくとアセビが早くも咲く 霊山分岐のズゴノバン一帯は気持ちいい
急登を上がると展望の権現山だ 東の琵琶湖から近江富士も
しばらく稜線漫歩で展望抜群のホッケ山着 南に愛宕山、地蔵山の姿がうれしい
そばには霊山から比叡山水井山の尾根筋が並んでる 北には左から伊吹、霊仙、御池などもすばらしい
今日の終着地である小女郎ケ池の説明版 池から北には蓬莱山がそこですがここでお昼
来た道をのんびり樹木巡り、短枝が目立つアオハダ(モチノキ科)発見、来年の花時5〜6月にも出会いたい!
ガマズミ(スイカズラ科)の果柄は褐色で毛多し、ムシカリは赤色、ミズキは紅色にそれぞれ果柄の色に見える
ヤドリギ(ヤドリギ科)右はズームアップ*他にもアズキナシ、タンナサワフタギ、イタヤカエデなどの果実が見られた
 

* ヤドリギには他にホザキヤドリギ、ヒノキバヤドリギ、オオバヤドリギ、マツグミなどがある。
 ヤドリギとホザキ・・はブナ、ミズナラ、サクラなど落葉広葉樹に寄生し、ツバキ科、モチノキ科、モクセイ科などの常緑樹に宿るのはヒノキバヤドリギで、オオバヤドリギもツバキ、モチノキ、マサキなどの常緑樹に寄生する。
 またマツグミはマツ、モミ、ツガなどの針葉樹に寄生するといわれる。
 なお、ホザキヤドリギは中部地方以北でしか見られないが、その他は関西でも見られる。

 ホームヘ