北山鎌倉山から峰床山’09.12.9 晴のち曇

坊村-ブナ平-鎌倉山-オグロ坂峠-東稜-峰床山-クラガリ谷-八丁平南回り-中村乗越-右俣-江賀谷林道終点-葛川学校前

 このコースの一部である鎌倉から峰床山までは確か雪の上を快晴の日に歩いた覚えがあるがと調べてみるとそれは11年前の2月でした。もちろんコースの詳しい様子は忘却の彼方でしたが・・。

 そんな山でしたが歩いてみると結構アップダウンが続きしっかり体力を使いました。でも自然林の多い山で中でもイワカガミ、シャクナゲがコース沿いにたくさん咲くようで、アズキナシやナツツバキの樹木花にも花時に登ってみたいと思える山でした。

8:53 坊村から曙橋を渡って右折すぐに水神社、水場です 8:55 すぐに登山口あり
8:58 直進谷コースだが今は右折の尾根コースが一般的 9:13~20 林道のもみじ平、この階段を行く
林道から振り返ると西南稜に御殿山が見える 9:36~45 ぶな平 樹間から武奈ケ岳なども見えるが
10:10 鎌倉直下には見事なイワカガミ大群落 10:16~33 鎌倉山3等三角点 951m頂上は広い
頂上の真ん中には花ガラをつけたナツツバキ(ツバキ科) その横にはこれも赤い実をつけ立派なアズキナシ(バラ科)
10:42 少し下ると千年杉はあたりの王様 11:02 アップダウンの稜線から蓬莱山遠望
11:13 オグロ坂峠10m左折に地蔵さんが祀られる 11:13~20 オグロ坂道標の南に東稜への道標でここを右折だ
右上の道標から10m程下がると水場はありがたい ピークを巻く東稜から20分で峰床山2等三角点970m
11:41~12:40 貸切で大休憩うどんすき鍋でのんびり 山頂はリョウブばかりだがよく見るとツルウメモドキ(ニシキギ科)も
13:03 八丁平クラガリ谷最初の道標右折し木道へ南回り 13:10 次の道標左折、要は中村の標示に向い後一つも左折
13:18~20 ここが八丁平の道標、カシノナガキクイムシ対策で京都市が一帯を作業中、左の上部のミズナラ ここを右折し登る
13:25~28 少し登ると中村乗越でここから滋賀県 13:40 この後下り道ですぐに元気よく冷たい水場
13:46~48 これより尾根歩きから沢筋歩きが始まる。渡渉
や大きな岩が点在し巻きながら岩屑の道で今日のコース中
では一番歩きにくい部分だろう・・
14:06~18 沢筋歩きの最後にこの二つの橋を渡れば江賀谷
林道終点地だ。

これより約40分で今日の山歩きの余韻を胸に葛川学校前まで
のんびり林道歩き、学校着14:55で15:50の江若バスでJR堅田駅
へ回る。

 今回は時間配分を失敗し、終着地でバス時間まで1時間を無駄にしてしまいました。これで来春は4月末から5月上旬にイワカガミやシャクナゲはもちろん八丁平に咲く湿原植物のボタンネコノメソウ、ニリンソウやヤマルリソウなどの山野草達を見ながらのんびり歩きができそうだ。楽しみです。

 なお、コース中ずっと見られるアズキナシの花時は5〜6月、ナツツバキの大木を2本見つけましたが6〜7月の花時で全部出会うとすれば時季を変えて登ることが必要でしょう・・・

 ホームヘ