ハシゴ、ロープ場に急登の連続の奥沼津アルプス楽しむ

       奥沼津アルプスから沼津アルプス縦走’10.1.6 晴

原木-神社下登山口-茶臼山-大嵐山(日守山)-新城分岐-大平山-鷲頭山-小鷲頭-志下山-徳倉山-横山-香貫山-黒瀬バス停

 5回歩いた沼津アルプスだけでは物足りなくなって一番南の大平山から稜線を東に落としていく奥沼津アルプスを歩いてみよう、ならば全部のピークを踏んでみようとチャレンジしてきました。

 修善寺までの伊豆箱根鉄道駿豆線で原木駅(バラキ)で下車します。西に狩野川を石堂橋たもとまで行くともう富士見モード全開です。

 今回のレポはこの原木の登山口から大平山までを主体に進めてみたいと思います。それにしても体力勝負のタフなコースでしっかり体力増強をしてもらいました・・?。笑・・フゥ

 まず最初に大嵐山からの富士と南アルプス南部の精鋭たちのビューをご覧いただきます。8時すぎですから最高でした。山頂は191mしかないのに3℃で寒さもほどよい体感温度です。
 地元の函南町が公園として整備してくれたようです。滑り台、迷路などの遊具もあり、丁度若いお父さんが4〜5歳くらいの幼児を連れて景色を楽しんでおられました。

大嵐山(191m)から、ここは地元では日守山といい公園として整備されている
南ア南部の山並みが手にとるよう・・丘は香貫山であそこまで歩くのだ(遊園地に8:07~20)

 以下画像をご覧いただきながら綴ってみよう〜原木駅出発は7:05でした。登山口までゆっくりで25分もかからないでしょう・・、でも車道ですから連続する通勤のマイカーには十分注意が必要です。

狩野川石堂橋から朝日に浮かぶ 南に城山、葛城山、発端丈山 橋左折500mで登山口の道標が桜に
登山口から18分弱で茶臼山128m 日守山遊園地、三島市街先に愛鷹 奥に御正体、金時、箱根駒、神山
迷路地手前の桜はギョイコウか? 迷路地奥の柵の隙間から登山道 最初の試練地、岩が滑りやすい注意
ハリギリの大木(ウコギ科) クロガネモチ(モチノキ科) カゴノキ(クスノキ科)
結構な古木が登山道沿いに立っています。他にもいろいろな樹木がありましたが落葉後で分りません?涙
8:54 樹林帯から勇気づけてくれる 9:00 新城分岐、ここは左へ下りる 9:10いよいよ核心部、ハシゴの右岩へも可
9:14 岩を巻きロープ頼りでヒヤリ 9:16最初のハシゴ不利用時岩尾根へ 9:20ご褒美は岩の展望台が待ってる
もち南ア南部もずらり顔見世 南に遠笠山、万ニ・三郎岳、小岳 この先の大平山が見下ろすが・・
9:27 すぐに最後のハシゴはた易い 9:40激登りをロープに助けられ 大平山頂上(356m)にはこの説明板

 ここまでのコースが今回のお目当てでした。聞いてたとおりハシゴ、ロープ場にヤセ尾根、岩尾根はたまた超急登、激下りの連続で、ちょっぴりアルプス気分を楽しむことができました。

 結局原木駅より大平山山頂まで多数の写真を撮りながら2時間35分でした。もっとも単独行のためそんなに休憩は取ってはいませんでした。
 なお、この間には道標はほとんどありませんが踏跡もたいていの部分にしっかりついていますので迷うことはないでしょう。
 そうはいっても新城、山口などへの集落の分岐がありますからコース取りを頭に入れて注意しながら歩きたいものです。

 この後のコースは慣れた道なのでのんびりゆったり最後の香貫山までの七山七峠をやればと一安心しながら進むこととしました。 

9:51 大平山下山途中の多比峠口すぐ上、富士に雲が 同じ場所より南ア、左に駿河湾が顔出す
9:53 多比峠口です。大平山からこの道標目立つ 左の峠よりすぐ上の岩場より、富士はこれが最後でした

 ところが肝心の富士山ですが9時45分ころから雲が出だして結局10時には完全に隠れてしまいました。これには予想外の出来事で残念した。なぜならこれだけ寒くて空気も澄んでいたのにどうしてなんでしょうか?? 

9:56 ウバメガシ(ブナ科)の純林通過 イタビカズラ(クワ科)葉先長くとがる ヒメユズリハ(ユズリハ科)網状脈目立つ
10:01 岩上に大蛇が、いやウバメガシ 10:10 岩にステップが刻まれてる 10:13 肥満度測定木の字が消されてた
10:16多比峠のコルからの登りも急 ヤブツバキが満開だ 10:30最高峰鷲頭山392m到着
小さな祠の後ろは桜のギョイコウ 1時間の昼食タイム満腹で〜す 11:38 小鷲頭山330m
小鷲頭からの駿河湾はすごい眺め 11:43 激下りのロープ場約150m? 11:49 すごい大岩の中将岩
11:53 ぼたもち岩通過 コースにはトベラ(同科)も多い 12:07 志下山214m
志下山から振り返ると鷲頭山と小 12:10 大トカゲ場(大休止の意味) ビュウポイントで大休止したかったが
12:15 志下坂峠 12:21 千金岩のすぐ上部より 12:39 香貫台分岐
歩いてきた大嵐山、大平山の眺め 香貫台分岐からの登りは竹が頼り 12:49象山の徳倉山では富士はno
13:02 こんどは急なクサリ場だ、ほんとにきつい下りで閉口・・ 13:14 横山峠
13:30 展望のない横山183m 13:34 いよいよ最後の下りロープ場だ 13:44やっと車道の八重坂峠へ下りた
14:00 ゴルフ練習場より桜台へ登り 14:18 最後に香貫山193mへ到着 14:25 下りは水場から黒瀬バス停へ

 大平山から5時間で黒瀬バス停へ14:45到着でした。それにしてもアップダウンの連続で原木駅から黒瀬までトータル休憩を入れて7時間35分のトレッキングでした。
 でも100枚は越える写真を撮りも撮ったりの歩きで、時間がかかった割にはひとつも自慢になるようなことはありませんでしたが・・。

 JR沼津駅まで路線バスに乗ると乗務員の方から相当お疲れのようですが大丈夫でしょうか?と声をかけられてしまった。情けないトホホでした・・・

 

 帰りは浜松で下車し、例によって『うな重』をいただいてから、大垣まで乗り換えなしの1本しかない特別快速で帰京となりました。

 ホームヘ