京都北山 御室八十八ケ所'11.4.24 晴のち雷雨

 何年ぶりに御室八十八ケ所めぐりを楽しみ、その後は衣笠山へも立ち寄ってきました。この時期の里山はどこを歩いてもコバノミツバツツジがいっぱい咲いて華やかな山道が続いています。

 ところが比較的珍しいバラ科のザイフリボクも超満開で多数見ることができ大感激でした。山歩きはやはり回数の多いほど色々な種類の植物が観察できるようです。

ザイフリボク(バラ科)采振木、別名シデザクラ 成木の樹皮は褐色のすじが多いとあるが特別な特徴は目立たない

 お多福桜で賑わう御室仁和寺は素通りして御室八十八ケ所の一番札所へ向かいます。一番二番とそれぞれに頭を下げながら緩やかにかに登っていきます。 

 近所の方でしょうか、多くの方がお参りか?、それとも空身で健康トレックなのか、トレランの方は若い人の姿でいっぱいです。
 それにしてもゴミはひとつも落ちていません。ツツジもきれいだし、とても気分が清々しいですね。

スタートです。9:10 だいぶ上まできました。汗ばんでいます〜
四十八番西林寺が成就山(236m)山頂 嵐山富士がりりしい、左奥に小塩山も
五十三番円明寺へが唯一くさり場 ゴールの御室八十八個所結願所10:45

 家内一同健康、本日の安全などをお願いしながらのんびり歩きをさせていただきました。いやぁ〜、実は30数年ぶりでした。若いころに家族で揃ってたまにハイキングの覚えがあり、懐かしくも嬉しいハイクとなりました。

 もちろんこれだけでは帰れません。次は衣笠山から左大文字山へ上がりましょう・・・この後は宇多天皇陵、一条天皇陵、堀川天皇陵など御陵さんめぐりをしながら衣笠山へ登ります。

 登りますといっても201mの衣笠山です。そんなことから御陵さんめぐりがてら、水井山、横高山、比叡山、大文字山がきれいなビューポイントで眺めを楽しみ、その後も小塩山に嵐山富士の展望など結構途中で山並みが楽しめてのんびり歩きとします。

セントウソウ(セリ科) クヌギ(ブナ科)
衣笠山到着、お昼としました。11:40~12:00 身代不動明王12:20

 ところが10人ほどが到着されて賑やかになりました。これを機に下山へと腰を上げるころになって雲行きが悪くなってきました。
 やや、これはあやしい、雷となりそうだと思って急ぎだしました。するとぴったり読みがあたって雷の応酬です。いえそれよりも雨がきてしまいました。

 下山した頃には一転空は掻き曇り状態です。雨です、それもきつい夕立です。これには参りました。左大文字山へはにわかに中止です。

 逃げるようにわら天神方面に向かい市バスへ乗車して逃避しました。なんとかずぶ濡れは免れましたが、最後はお粗末さまで・し・た・・。

ホームヘ