湖北大黒岳から余呉トレイル'11.5.13 晴

 三日続きの雨降りもあがって待望の晴れの山日和で、またまた余呉トレイルでした。中央分水嶺・淀川水源の森の山々はいずれの山も取りつきがきわめて急登が多いのですが、今回もうわさにたがわずの激急坂でした。

 しかし稜線に乗るとその急登をやっつけたご褒美のように、ブナたちの自然林続く癒しの山道が待ってくれています。まだまだ整備進行中の余呉トレイルなればこそ、適度の薮漕ぎあるのもご愛嬌というものです。
 それらの苦労はあちこちに花々が咲き誇って帳消しにしてくれ、いやが上にも満足度を高めてくれるのですからうれしい限りです。

 それにも増して歩くコース毎にたいがいブナの巨樹にも出会えるのですから、ブナの森好きにはたまらない魅力の詰まった余呉トレイルなのです。

大黒山からの下り椿坂峠すぐ上 椿坂への下りで

 加えて今回は背の高いブナにしてはやや低いブナの枝からお花の画像が取得できたのはラッキーでした。ほんとうは垂れ下がるのが雄花(茶色っぽい方)で上向きになるのが雌花(緑色の方)ですが、この画像は枝を手折って持ちながら写したために様子が変わっていることをお断りしておきます。。

 本日の余呉トレイルコースにはとりわけユキツバキが繁茂していました。この種はヤブツバキと分布域が重なる部分が多いために、同定するには相違点をしっかりおさえておきたいところです。

 ユキツバキの特徴は花びらは平開し、ヤブツバキは平開しません。それに花糸(オシベ)は黄色く、ヤブツバキは白色です。
 また葉を日に透かすと葉脈が見えますが、ヤブツバキは日に透かしてもほとんど光を通しません。ユキツバキの葉は鋸歯が鋭いようです。

花色はほとんど赤色で違いはそうない 花糸がよく分かるように花びらを一部はずす

 なお、ヤブツバキの花色にはまれに淡紅色や白色のものが咲くようですが、本日↓のような花色のツバキを見ましたが、ヤブツバキなのでしょうか?
 肝心な花糸の色合いをしっかり確認することを忘れてしまいました。

 さて本日の珍しい山野草はこれです。ウマノスズクサ科カンアオイ属の中でも関西で私にはそう出会えない種にばったり出会えたのですからご満悦でした。

 それは枯れ葉をほじくりだして見つけた『スズカカンアオイ』でした。
その特徴は東海・近畿地方、北陸地方西部に分布し、萼裂片が大型で筒部よりはるかに長く長三角形で葉の上面はへこむと図鑑は説明しています。

 見られた種はニリンソウ、イワウチワ、カエデ科のハウチワカエデ、コハウチワカエデ、ウリハダカエデ、ウリカエデ、ヤマモジミなどでした。

 椿坂登山口8:40-2番目の鉄塔上の4等三角点9:55-大黒山3等三角点10:40-椿坂峠11:35-沓掛山巻道付近12:30-椿坂14:30

 なお、今年の大雪のせいでしょうか、登山道沿いには総じてたくさんの倒木や太い木、細い木の折れたり曲がったりしているものなどが散乱して道を塞いでいました。これらによる道迷いにも十分ご注意なさってください。

 そのようなことから極めて歩きにくくなっていますので、入山にあたっては鋸・手バサミなど持参された方が歩く上で助かると思います。

 本日の歩いたルートは次のとおりです。
  (
ルートの地形図が出ていない時にはブラウザの「表示」から「最新の情報に更新」をクリックすると見れます。
  ただし少し時間がかかる場合があります。)
   
    地図の大小は右上の+または-で、また移動は地図上でマウスにより左クリックで操作願います。

 ホームヘ