比良 武奈ケ岳'11.5.25  曇のち晴

JR比良-イン谷-神爾ノ滝-北比良峠-八雲ケ原-イブルキのコバ-武奈ケ岳-釣瓶岳-細川越
-広谷-イブルキのコバ-カラ岳-釈迦岳-大津ワンゲル道岐れ-雄松山荘道-JR近江舞子

 今週はどうやら予報から入梅が想定のようです。その前の晴れ間に比良のシロヤシオをお目当てに武奈から釣瓶、釈迦などを彷徨ってみました。

やや遅かったシロヤシオが落下盛んでした。

 いつものようにJR比良駅からイン谷出合橋を30分で歩き、左折の正面谷でなく久しぶりに直進です。今日は神爾谷を詰めます。もちろん神爾ノ滝にも立ち寄りました。雨後の水量はゴウゴウと豪快でした。

 それにしても釈迦岳と神爾谷の分岐から北比良峠の山頂駅跡地まで1時間少しで上がってきてしまいました。時間はともあれ、この谷筋は比良では熟練者向きコースとして以前は歩く人もそう多くはなかったようですが、今は赤ペンキで丸印が頻繁に書かれていることから道もしっかりついてルートファインティングはまったく必要なく、山登りの面白みもほとんどないためがっかりの状態です。

 それでも空が広がっていろいろな奇岩が見え蟻地獄へ近づいてくると、おー神爾谷をやった〜とのうれしさは少しはありました。もちろんダケ道合流点でホッとして谷を見下ろしながら、事故もなく上がってこれたことに感謝でした。

 

 山登りはいろいろな方がいますので、なんとも言えなくはないのですが、この状態なら現在は体力さえあれば十分で、山登りの技術力を身につけるほどのお役立ちコースではなくなってしまっているのが悲しいばかりです。
 私にとってはやはり神爾谷を歩くのだ!と気合をいれるコースであった従来の山道そのままであってほしかった・・との想いでもあります。

 それでも山中ではシャクナゲはこの谷では終わってはいましたが、シロヤシオが咲き残っており、まだまだイワカガミが方々に大群落で心慰めてくれました。

 そして八雲ケ原はこの時期はまだまだ冬枯れから春遠からじの様相を呈しており、植物達はまだ先の様子で、日のあたる草の上で蛇がのんびり日向ぼっこをしているくらいでした。

 昔と違い誰もいない八雲ケ原の風景は心なしか寂しさは隠し切れません。この時期ならタニウツギやサラサドウダンなどの木々の花々も今年の春は遅すぎます。
 スキー場廃止で工事の土の中に含まれて上がってきたのでしょうか?、トキワハゼに酷似しているムラサキサギゴケがあちこちに咲いています。

 その後はイブルキのコバから武奈を目指します。新緑のブナ林をめでながら北比良峠から50分で山頂でした。うっすらとした展望を楽しんだ後に昼食は最高のご馳走でした。

釣瓶、蛇谷そして奥は湖北武奈ケ岳 右より釈迦、ヤケオ山にリトル比良

 半時間たらずで武奈の山頂を後にして北稜から細川越に下り(武奈山頂から17分)、釣瓶岳を往復します。地図では細川越から往復1時間5分とありますがそんなにかかりません。道沿いには北稜の下り道にムシカリのみしか咲いていませんでした。

 釣瓶岳は一昨年の9月全縦走以来です。あの時はデカザックでおまけに雨中で苦しみました。そんな懐かしい場所で桧が大きく伸び、そう展望は利かないのにそれでも東にヤケオ山、北に蛇谷ケ峰を大木の間から確認します。。

 頂上に7分いたのですが、細川越から7分除いて29分で往復したのですから地図の時間はまったくあてになりません。地図のコースタイムは参考にもならないほど現実とはかけはなれていますので、初めての場合は十分あちこちのHPなどで調査する方が現実的でしょう。

 細川越よりスゲ原を広谷まで下りますが、いつも見るヤブデマリもまったく咲かず、ムシカリばかりが我が物顔で白く咲き誇っています。

 広谷の丸木橋を越えてイブルキのコバの芦生杉群より八雲観音へ戻ります。八雲ケ原では工事のトラックやブルがかまびすしく爆音をたてています。大自然の中でこんな音は聞きたくないですね。

 スキー場跡地を比良ロッジ跡地へ向けて上がる途中にはシャクナゲがまだまだ咲き残っており、地面には花びらがピンクの絨毯模様で素敵でした。

 その後オガサカ道と比良明神を左右に見送って、カラ岳のパラボラアンテナ地へは少し登りが堪えますが、パラボラ地からの武奈、コヤマノ岳方向は樹林が伸びて展望が苦しくなっています。後はなだらかにアップダウンをやって比良ロッジ跡地から半時間で釈迦岳でした。  

 

 この間もシロヤシオとシャクナゲの満開が登山道沿いでいっぱい見られ、ルンルン気分最高潮でした。とりわけシロヤシオは沢山の箇所に咲いており、これまでからシロヤシオといえば丹沢ばかりが気になっていたのですが、これからは比良で十分楽しめるなとニンマリです。

 釈迦の頂上で休んでいると、途中で追い越した同年代の男性が到着し、聞けば堂満岳、金糞峠より来たとお元気な方で10分も話こんでしまいました。
 なお、今日座り込んで休んだのは武奈と釈迦だけで、他の休憩は立ち休憩で済ませました。

 さて最後の下り一辺倒の部分に入ろう、疲れも出る頃だし一番事故率の高い時間帯だから安全を重視して歩こうと心し、時計を見ると14時10分にスタートです。
 この道も久しぶりでした。イチョウガレから大津ワンゲルを下り、2~3箇所あるフィックスロープ場を慎重に通過して行きます。

 右画像の木の根の下は透けて見える箇所であと何年もつのでしょうか?、この地から8分ほどで大津ワンゲル道の指導標の立つ箇所で大津ワンゲル道を右に見送って、東南の雄松山荘道を下ります。

 この道は相当昔の比良通いのころには何度か登りに使っていたのですが、やはりいまだに破線コースに違いありません。完全な尾根コースですがほとんど人は入らないとみえて荒れていますが、分岐より25分で南小松の山麓上にある別荘地へ下りました。後は集落地をJR近江舞子駅まで約半時間の下り道のんびり歩きでした。

 今日は8:15から約7時間半の彷徨いでした。フゥ・・もっとも全般的に相当な早足でしたから時間としては、一般的にはあまり参考にはならないでしょう。

 本日の歩いたルートは次のとおりです。
    (
ルートの地形図が出ていない時にはブラウザの「表示」から「最新の情報に更新」をクリックすると見れます。
     ただし少し時間がかかる場合があります。)

    
    地図の大小は右上の+または-で、また移動は地図上でマウスにより左クリックで操作願います。

ホームヘ