湖西 比良山全縦走'11.6.3~4 曇

一日目 平-アラキ峠-権現山-ホッケ山-蓬莱山-打見山-木戸峠-比良岳-葛川越-烏谷山-荒川峠-南比良峠-金糞峠下テン場
二日目 テン場-中峠-ワサビ峠-武奈ケ岳-細川越-釣瓶岳-イクワタ峠-地蔵山-ヨコタ峠-須川峠-蛇谷ケ峰-くつき温泉

 最初の縦走時にヘトヘトで蛇谷直前のイワカガミの群落の葉を見て、よし次回はこの地で満開のお花畑を見て縦走をやろう!と心に決めていたのですが、なぜかイワカガミを見たいとの気持ちがその時ほど期待が薄れてしまっていました。

 知り合いが先月14日にやっているのをたまたまHPで見て、よし前回の秋ではなく、時期を変えて再度の比良の全山縦走もいいだろうとのことで、前回のヘトヘト感は同じだったにしてもなんとか無事に踏破することができました。

シロヤシオは落下盛んでした・・

 今回は出町柳でなくJR堅田駅からのアクセスを取った関係から平登山口スタートが9:25と前回より50分遅れとなった以外にはコース取り等はほとんど前回どおりでした。

 しかしながら季節が異なったことから、花々は前回とはまったく相違していたのはよかったのではないでしょうか。もっとも予報では梅雨の晴れ間とのことで決行したのですが、山の天気は分からないものです。二日間とも雨こそなかったもののずっと曇り空でまして展望はほとんどないに等しい状態でした。

 でもこの時期の比良ではツツジ科のいろいろなお花が咲くことには歓心することができました。もっとも山野草は時期的にはしかたのないところでしょうか。

 また前回は金糞峠下のテン場を利用し、次回は口ノ深谷のテン場で泊まろうと思っていたのですが、今回もやはり金糞峠下のテン場までが体力的にいっぱいで、その箇所へ到着すれば口ノ深谷のテン場まで後1時間以上もかかるのかとの弱気が出てしまい、たちまちここで泊まろうとの気持ちになってしまいました。

 このテン場にはちごゆり山歩会と書いた入れ物や登山道補修道具等がおいてあり、真新しいテントもしっかり頑丈に張るなど、最近ほぼ常駐されている方があるとかいう噂の方かな?とテントへ声をかけるも今日は上がってきておられないようでした。

 翌日の武奈ケ岳はガスって展望0です。前回は晴れており山頂からドコモは通じましたが、きょうはまったく通じませんでした。

 そして今回感じたところでは、コース中において釣瓶岳以降、須川峠(ボボフダ峠)までの間が初めての方ならやや道不鮮明であることを承知しないと完歩は容易ではないでしょう。

 特に地図上のイクワタ峠は現地ではその表示がないようです。「栃生3.8km」と表示の倒れかかった標識(↓画像)がその峠です。

 蛇谷への縦走はここを栃生方向への反対の右(東)方向に進むことです。その後10分ほど先の東から北方向に回り込むあたりが赤布も踏み跡も少ないので磁石確認して左(北)へ進むとすぐにササ峠の標識があります。
 ササ峠の標識から3分で地道の林道に突き当たりますが、原則その林道は歩きません。切り開かれた所をすぐ右側に行き尾根を拾いながら地蔵山に向かいます。
 歩きやすいからといって左の林道を進むと後で、あれ、地蔵山は?ということになりかねません。そして地蔵山のすぐ先に地蔵峠ですがそれ以降はやや歩きやすくなりますがその峠後も気を緩められません。途中にも踏み跡の薄い箇所はいくらでもあります。

 人間の心理は同じようですね。道不鮮明箇所にはややもすれば赤布は少なくなります。なぜなら誰もが同じで不鮮明箇所に来ると、道探しにうろうろしますので道が定かでなくなります。道探しで赤布テープをつけることも忘れてうろうろし、ようやく自分の進むべき道が分かってそこで安心してテープ付けとなるのはやや先に進んでからとなりますから、最初の不明箇所時点には赤布はないこととなります。

 私はそのような時にはうろうろするまでにまず磁石を取り出します。うろうろするだけ体力の消耗です。それでなくとも約18kgほど肩にかかっています。可能な限り体力温存に気をつけます。

 また縦走中で聞いた野鳥の鳴き声等は次のとおりでした。

 ツツドリ、カッコウ、ヤマガラ、シジュウカラ、ジュウイチ、ウグイス、ホトトギス、キツツキの仲間のドラミング、コマドリなどでしたが、とりわけコマドリは早朝4時すぎころからあたかももう時間ですよといわんばかりでヒンカラヒンカラとテン場の周りのブナ林で泣き叫んでくれたのを聞いて目が覚めました。
 よし姿を見ようとすぐにテントからそっと出て見上げるとペアであの独特の赤茶色の鳥姿を真近に見せてくれましたがいそがしく動き回っていて写真は撮れませんでした。

 なお、今回のタイムテーブルは次のとおりです。

初日(6/3) 二日目(6/4)
平登山口 9:20~25 テン場 4:25~5:45
アラキ峠 9:55~10:00 中峠 6:37~42
権現山 10:25~35 口ノ深谷 6:52
ホッけ山 10:55~11:03 ワサビ峠 7:04~14
小女郎峠 11:20~25 武奈ケ岳 7:42~52
蓬莱山 11:45~55 細川越 8:07
笹平 12:00 釣瓶岳 8:25~40
汁谷キャンプ場   12:15~13:15  イクワタ峠   9:00 
水場 13:27 ササ峠 9:28
比良岳 13:42 地蔵山 9:40~50
葛川越 13:51 地蔵峠 9:51
烏戸山 14:10~20 ヨコタ峠 10:15~20
休憩ポイント 14:37~42 アラ谷 10:33
荒川峠 14:44 須川峠 10:43~46
大橋分岐 14:55 滝谷ノ頭 10:52~11:55
南比良峠 14:56 蛇谷ケ峰 12:30~40
堂満分岐 15:18~30 くつき温泉 13:40~14:15
金糞峠 15:37 シャトルバス 14:20~
テン場(泊) 15:41~ 江若バス乗車 14:37~安曇川へ

 今回は一日目 平登山口〜金糞峠下テン場   6時間15分  
      二日目 金糞峠下テン場〜くつき温泉  7時間45分  合計14時間(含む休憩合計3時間40分) 

 前回は'09.9.27~28に歩きましたがそのレポはこちらからご覧ください。

 ホームヘ