京都西山 ポンポン山への道'11.10.2 曇

 今回は整備後の嫁入り道を登り下りで歩き目印のつける位置確認をしよう。またそのすぐ奥の第二ベンチ東尾根も倒木、枯れ木、周囲の枝払いなどの片付けも済まそうと登ってきました。

 日曜日の山頂には久しぶりでしたが、数えてみると60人を超える人の多さにびっくりものでした。普段の平日には多くても10人もいないくらいで静かな山頂なのですが、それにこちらの到着時間によってはどなたもいない山頂もたびたびあるくらい静かな山です。
 でも今日ばかりは日曜日のためか、若い方々も多くてこのような年代の方達が、今後もいつまでも山歩きを続けてほしいなと思いながら、ぼんやりにこやかに眺めていました。

  
     嫁入り道はこの看板を目印で小塩方面へ            左の道標をUP

 さて、嫁入り道を白テープの再チェック、枝の散乱片付けなどをしながら1時間少しかけて登り、その後は西山古道からクリンソウ地と反対側の善峰寺方向に10分弱で第二ベンチ東尾根に取りつき、すぐに時間をかけて整備しながら汗を流しました。結局パノラマ台下の第二ベンチまで2時間近くもかかってしまいました。多分歩くだけなら20分ほどで上がれるでしょう・・。

右の西山古道は左にも続き中央の尾根を上へ パノラマ台下の壊れた第二ベンチの奥に出る。
      

ホームヘ