湖北 伊吹山 '12.2.28

  今年も雪の伊吹山を登ってきました。しかし、前年より雪は相当少なくなっていましたが、これも雨の後の日程でしたので仕方ないでしょう。


山頂より北側の山並み、右の稜線は北尾根、さらにその奥に冠雪の白山

 三宮神社横の登山口(9:40)にはもう雪はありません。20分ほどで炭焼きのひろきちさんが山から持ち帰った地蔵さん話のひろきち地蔵に頭をたれて、1合目よりどんどん急登を上がります。

 積雪期は夏道と違って直登ですから、1合目もすぎるとしっかり汗ですが、その分時間は早く歩けます。2合目から3合目の緩やかな広場のような地は大昔、伊吹弥三郎が鞠を蹴ったというマルケバというところ、その右の丘は徳蔵山ですが、その山の上はもう地が見えています。 
 マルケバよりすぐで高原ホテルへの分岐手前まで上がると、目の前に本日ようやく伊吹山が顔を見せてくれます。
 今年の雪はもうしっかり締まっていますから、みなさん好きな所を歩いていますので1本道はほとんど見えません。よし、ならば昨年の右のスキー場跡でなく、なだらかな夏道を辿ろうと3合目トイレ地を目指します。 

雪の消えてきた徳蔵山 高原ホテル分岐手前から伊吹山

 しっかり締まっている雪のおかげで6合目非難小屋まではスノーシュー、アイゼンは使用せず、つぼ脚で進みます。
 5合目の自動販売機も雪解けが進んでいます。そしてここからの伊吹を見上げてう〜ん、すばらしい!と大満足でした。
 5合目より6合目の非難小屋まで15分で11:30の到着です。予定どおりここで半時間ほどの昼食タイムとします。

5合目の自動販売機 6合目の非難小屋

 これよりさらに急登が始まります。きょうのこの後にはスノーシューの出番はなさそう、それに食器類など不要物もこの小屋へ置いて行こうと、ズルの気持ちが出てしまいました。笑
 お腹も満腹、背中も軽くなってどんどん歩き始めます。すぐにアイゼンはき、そうだ、きょうの歩きは脚を取られなさそう・・・、しからば9合目の西側のピークへ上がろうと考えます。

9合目鞍部左のピークを登りあげます。

 それにしても急斜度でした。さすがに雪庇が出てきて、そのオーバーはギブアップで、危険ながらその下をトラバースしてようやくピークでしたが、その大パノラマにひとり酔いしれました。

無謀にもこのような雪庇の下部をトラバース

 頂上西遊歩道のピークですが、夏のお花畑なのに・・と心痛めながら展望を楽しませていただきました。

左奥には高島トレイルの北方向の山々 山頂から琵琶湖もきれいに

 このピークより山頂トイレ地方向へ好きなところを歩きます。そしてヤマトタケル像の山頂(13:05)でした。山小屋群も最北のえびす屋さんはどっぷり雪に埋まってしまっています。

 1等三角点に挨拶し、伊吹北尾根の様子を見に方向転換、でもどこでも歩けるので助かります。うぉ〜すばらしい眺めが続きます。これぞ冬山の峰々、冠雪の見事な山並み、圧巻はまったく白一色の白山でした。

 20分ばかり山頂で大パノラマを楽しむなかでこう考えます。普段の山登りでは混濁の景色が続きますが、すっきり澄んで白衣を纏ったこの静寂、風もなく温かい日となって絶好調の伊吹でした。
 白銀の山並みを見ながら私はどうしてこうも伊吹山に向かうのだろうか、と考えてみました。いろいろな炸裂する思いが浮かび上がっては消え、また他の考えが頭をかすめるなどの浮遊です。
 やはり今、目前にある真白き北尾根の姿を捉えることが目的の趣旨なんだろうか?などと試行錯誤なく単純に思い浮かべるのでした。もちろん毎年の北尾根への花巡りには今年も予定しています。

 さぁ、下山としましょう。さすがに西遊歩道ピークからは下れません。素直に9合目鞍部からです。こちらも急坂要注意ですがもう慣れています。どんどんいきましょう。見るとボウダーがすごい坂を滑り降りていきます。

琵琶湖に向かう雪原はどこまでも え〜、今日はあの角度を登りあげたのか・・
いよいよこれより釣瓶落としの下り 彼はジグをきって楽しんで滑り降りていく

 6合目の小屋に寄ってシューなど撤収です。そしてこれよりスノーシューでまっさらな雪原を快適に5、4、3合目と順調に下り降ります。
 バス時刻からゆったりと3合目の本来のお花畑の杜にも立ち寄りましょう。雑木林の森もまた格別です。このような位置からの伊吹もそう見られません。

崩落地上へ見る伊吹の稜線 ヤマトタケルと伊吹の神も雪の中

 スキー場、ゴンドラの廃止、朽ちる高原ホテルの3合目には侘しい心眼をかき消して、最後の伊吹の雄姿を心行くまで眺めているのでした。

 さぁ、今度はいっぱいのお花畑が繰り広げられる頃には会えますようにと心なしか頭を下げるように、また直に真下を目がけてスノーシューは3合目を後にしていきます。
 そして3合目よりのんびりと1時間もかけてバス時刻の16時に三宮神社下山となりました。

 なお、昨年の伊吹冬山はこちらからご覧になれます。

ホームヘ