yahooチャット

Windows7で音楽を流す方法 (22.2.9)(最終更新:25.7.22)

ーMJ9の場合ー

 

※解説内容には未確認な部分があります。

 

はじめに

24.9.9現在、yahooメッセンジャーのページ

http://messenger.yahoo.co.jp/でダウンロードできるMJは9.5です。

ここでは、Windows7でMJ9.0を使ってボイスができる状態での、音楽の流し方を解説します。

私自身がwindows7を使用していないため、操作上未確認な部分があります。ご了承下さい。

 

※ヘッドホンマイクやカメラをUSBでパソコンに接続している場合は、

 USBを外してパソコンを再起動してから操作してください。詳細はこちら

 

Windows7パソコン MJ9.0使用で音楽を流す方法

 

1.必要な機能の確認

チャット部屋で音楽を流すためには、ステレオミキサー機能が必要です。

使用パソコンにこの機能があるかどうかを確認するには、

パソコン画面、右下の
スピーカーマークを右クリック、サウンドをクリック、録音タブをクリック、
マイクその他の項目が表示される。
(※スピーカーマークがない場合は未確認)
その中の、ステレオミキサー、ミックスなどがあればOK。下図はステレオミキサー有りの例。



ステレオミキサーなど、ミックスするものがない場合
下図のように、ミックスするものがない場合は、

この画面の何もない所で右クリックして、無効なデバイス、切断されているデバイス
の表示にチェックを入れます。
これでステレオミキサーが表示されたら右クリックして有効にします。

無効なデバイス、切断されているデバイスを表示しても、
その中にステレオミキサーが表示されない場合は、
通常の音楽の流し方はできません。

対処はXPの場合と同様に
1)PCメーカーのサポートに問い合わせる。

2)ステレオミキサー機能のあるサウンドカードをダウンロード(DL)、インストールする。
 XPからwindows7にアップグレードしたパソコンの場合、無料のサウンドカードをインストールすればステレオミキサーが使える、
 という情報がありますが詳細は未確認です。
 また、パソコンによって結果が違う可能性があり、実際に試してみないとできるかどうかが分かりません。

3)ミキサー機能のある外付けサウンドカードを使う。
 電気店やインターネットのサウンドカード関係のメーカーのサポートに問い合わせて外付けサウンドカードを購入しますが、
 この場合も、実際に試してみないとできるかどうかが分かりません。

4)ステレオミニプラグコード等を使って、マイク入力から音楽を流す。方法はVistaの場合を参照してください。こちら

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は、ステレオミキサー機能があるwindows7パソコンを対象に説明します。

 

2.押しっぱなしツール

チャットで音楽を流すには、話すボタンをロックする必要があります。

押しっぱなしツール

押しっぱなしツールにはいくつかありますが、
ここではこの中からYPTT(こむこむ)を例に説明します。
パソコンによってはYPTTが使えない場合がありますから、
その場合は他のもので使えるものを使ってください。

話すボタンがロックできるかどうかが問題です。


YPTT


圧縮ソフト
詳細はYPTTの使い方を参照

academic氏作
YCsavelog102
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se374651.html

圧縮ソフト





牧島氏作 iTracker

http://nightshade.pro.tok2.com/index.htm


詳細はiTrackerの使い方を参照

 

ここでは、「YPTT」を例に説明します。

http://members.tripod.com/lets_play_dai/ym9.htm

このURLを開くと下図。(24.2月時点では下図)  注意!! 赤い四角の広告部分はクリックしてはダメです。

 

下図のように、赤い広告の右下に小さく Close Ad と書いてある部分をクリックすると、

 

下図のように広告が消えます。

見にくいですが、赤枠部分の ダウンロードする をクリック。

 

すると下図。保存をクリックする。

 

すると下図。保存場所は分かりやすいようにデスクトップを選択。保存をクリック。

保存をクリックすると下図。

完了したら 閉じる をクリック。

保存が済むと下図のように、デスクトップにアイコンが表示されます。

 

このアイコンを右クリックして、ウイルスチェックをします。下図はAVGでスキャンする場合の例。

 

スキャンが終わって異常がないことを確認します。

 

解凍

このファイルは圧縮されていますから、次に解凍します。

解凍ソフトがない方はこちらの解説を参照してください。

 

解凍すると、下図のようにフォルダが開いて、YPTTLock.exe アイコンが表示されます。

これをクリックすると下図が表示されます。

※YPTTが強制終了する場合は補足を参照。

 

YPTTの操作方法、音楽の流し方

チャット部屋或いはカンファレンスに参加して、ボイスを有効にします。

YPTTを起動して、

まず、話すボタンを押す をクリックして、チャット部屋やカンファレンスの話すボタンが押されたままの状態になることを確認してください。

押されたままの状態(ロック状態)になったら、話すボタンを離す をクリックしてロックを解除します。

※ロック状態にならない場合は、他の押しっぱなしツールを試してください。

 

次に、YPTTの画面の

入力ソース選択をクリックすると下図が表示されます。

※入力ソース選択が反応しない場合は、
 パソコン画面、右下の
 スピーカーマークを右クリック、サウンドをクリック、録音タブをクリック、これで下図が表示されます。

下図の状態はマイクが有効(既定のデバイス)、ステレオミキサーが無効の状態です。

マイクを右クリックして無効をクリック、ステレオミキサーを右クリックして既定のデバイスをクリックすると、

 

下図のようになります。

※内蔵マイクとヘッドホンマイクの2つのマイクがある場合、2つ共無効にして、ステレオミキサーだけを既定のデバイスにします。

 パソコンによっては、内蔵マイクが無効にできないものもあります。

 

チャット部屋を一度出入り

OSがvista、win-7、8、では、マイクやステレオミキサーなどオーディオの設定を変更した場合、

そのままではチャットのボイス機能に反映されません。(XPではその場で反映されます)

通常はマイク(既定のデバイス)、ステレオミキサー(無効)。

これを、マイク(無効)、ステレオミキサー(既定のデバイス)にしたら、一度チャット部屋を出入りします。

するとステレオミキサーが有効の状態でチャットのボイスが機能に反映されます。

(音楽を流し終わって、マイクでボイスを使う時には、

 マイク(既定のデバイス)、ステレオミキサー(無効)にして、一度チャット部屋を出入りします)

 

それから、

音楽ファイルを再生して音量を小さめにして、下図のように 話すボタンを押す をクリック。

 

するとチャット部屋の話すボタンが押されたままの状態になります。(下図はカンファレンス画面の例)

部屋の緑のレベルメーター(音量レベル)を見て、緑から黄色が1〜2本出る程度に、再生ソフトの音量を調整します。

 

音楽を流すのを止めるには、話すボタンを離す をクリック。音楽再生を停止。

 

次にボイスを利用する場合は

マイクを右クリックして、既定のデバイスにします。ステレオミキサーを右クリックして無効にします。

※チャット部屋でステレオミキサーを既定のデバイスに設定変更をして、音楽を流して、

 その後マイクを既定のデバイスに戻すと、そのままではボイスができない場合があります。

 一度部屋を退室して再入室すると設定変更が反映されてボイスができるようになります 。

 

以上の操作でも音楽が流れない場合

ステレオミキサーを既定のデバイスにして、マイクを無効にしても音楽が流れない場合があります。

まれに、ステレオミキサーの音量がゼロになっていることがあるのでそれを確認します。

ステレオミキサーを右クリックして、プロパティをクリック。

レベルタブをクリックして、音量つまみが中間になっているか、ミュートされていないかを確認。

以上の状態にして音楽が流せるか再度確認。

 

それでも音楽が流れない場合

これも稀ですが、ステレオミキサーが表示されていてもそれが機能していないケースがあります。

パソコンメーカーのサポートに相談して、オーディオデバイスの更新をして解決する場合があります。

「ステレオミキサーが機能していない。オーディオデバイスの更新の方法を教えてほしい」と言って、

サポートに食い下がってみてください。

 

オーディオデバイスの更新が自分で分かる方は、

オーディオデバイス名で検索して、更新できるサイトからダウンロード後、更新を行ってみてください。

(※自己責任で対処してください。元に戻せなくなっても責任は負えません。)

 

 

流している音が割れる場合

マイクにブーストが入っていると、流している音楽の音が割れることがあります。

対処は、

下図の画面で、マイクをクリックしてプロパティボタンをクリック、或いはマイクを右クリックしてプロパティをクリック。

レベルタブをクリックして、ブーストを0(ゼロ)にします。

スティッカムを利用すると自動的にブーストが入るので、音楽を流す前にブーストが0になっていることを確認します。

 

下図はブーストがない例。

ブーストがなくても音が割れる場合は、再生ソフトの音量が大き過ぎて音が割れています。再生ソフトの音量を下げます。

 

再生ソフトの音量とスピーカー音量の違い

再生ソフトの音量

ウインドウズメディアプレイヤー、Itunes、jetaudioなどは音楽再生ソフトです。

再生ソフトの画面には音量つまみが表示されていて、音の大きさを調整できるようになっています。

チャット部屋に流れる音楽の音の調整はこの再生ソフトの音量つまみで行います。

自分が聞いていて音量が小さいからと言って、再生ソフトの音量を大きくすると、チャット部屋に流れる音楽の音が割れます。

スピーカー音量

パソコン画面の右下にある時計の並びのスピーカーマークをクリックすると音量つまみが表示されます。

これはパソコンのスピーカーの音量調整です。パソコンのスピーカー(ヘッドホン)から自分が聞いている音を調整します。

スピーカー音量を小さくしても、チャット部屋に流れている音楽の音量は小さくなりません。

 

チャット部屋に流れている音楽の音が大きすぎて割れる場合は、

再生ソフトの画面の音量を小さくして、自分で聞くのに小さすぎる場合は、スピーカー音量を大きくします。

 

 

あとがき

windows7が発売されてから、7での音楽流しの方法の問い合わせが何件かありました。

しかし、私自身が7を使っていないので操作方法が分かりません。

7利用者の中であれこれ操作して音楽が流せるようになった人がいましたが、

その操作画面が私には分からないので解説のしようがありませんでした。

今回、7で流せるようになったS氏に「他の人の参考の為に」とお願いして、パソコン画面の画像を提供して頂きました。

慣れない操作で画像を作成、提供して頂いたS氏に感謝致します。

また、その他のパソコン操作画面の画像を提供して頂いたL氏にも感謝致します。

 

 

音楽の流し方解説 目次

 

補足

1.チャット部屋のボイスが聞こえない、マイクが使えない場合

パソコン画面右下のスピーカーマークを右クリック、音量ミキサーを開くをクリック、

 

すると下図の画面になるので、1のチャット部屋の 2の音量つまみをクリックしたまま上に移動させます。

3のスピーカーマークに斜線がついていると音量つまみが動かないので、

スピーカーマークをクリックして斜線のないマークにしてから音量つまみを操作します。

 

また、マイクが正しく接続されていないとチャットのボイスサーバーに接続されません。(チャット部屋の音が聞けない)

マイク端子の差込口が間違っていないか確認。

マイクが正しく接続されているのに「ボイスチャットの音が聞けない」「マイクからの声が聞かせられない」という場合は、

そのマイク端子が有効になっていない可能性があります。

デスクトップパソコンの場合

パソコン本体の前面と後面の両方にマイク端子がある場合があり、

そのどちらか片方だけしか有効になっていないケースもあります。

録音デバイスの下図の画面で既定のデバイスになっているのが前面端子か後面端子かを確認する必要があります。

また、下図のマイクを右クリックして、プロパティをクリック、レベルをクリックして音量が上がっていることも確認します。

ノートパソコンの場合

内蔵マイクとマイク端子の2つのマイクデバイスが装備されている場合があります。

そのどちらが有効になっているのかを確認する必要があります。

例えば、内蔵マイクを無効にしてマイク端子からのマイクを有効にしたくても操作できないケースもあります。

 

一般に売られているパソコンは、ボイスチャットが聞けてマイクでしゃべる声を聞かせられるようになっています。

・マイクの接続方法が間違っていなくてマイクの音量にも問題がないのにマイクが使えない

・ボイスチャットの音が聞こえない

・マイクの無効や既定のデバイスが思う通りに操作できない

 などの場合は、パソコンメーカーのサポートに相談してください。

 

2.YPTTが強制終了する場合

Vistaではパソコンによって、YPTTをクリックして起動すると強制終了になる場合がありました。

同様の現象がwindows8で生じるかどうか分かりませんが、参考資料として掲載します。

 

下図のような画面が表示されて、

下図の画面になったら、一度プログラムの終了をクリック。

 

強制終了する場合の対処

下図はYPTTのフォルダの中の画像。この YPTTLock.exe を右クリックして、

 

下図の画面でプロパティをクリック

 

プロパティの画面で 互換性 タブをクリックして、

互換モードでこのプログラムを実行する にチェックを入れて、

パソコンに入っているXPのグレード(通常は Service Pack 3)を選択して、適用をクリック、OKをクリック。

これでYPTTが起動します。